36協定を届出しましょう

残業のある会社は、36(サブロク)協定が必要です!!

​ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​ 労働基準法では、労働時間は8時間・1週40時間以内とされています。

 これを「法定労働時間」と言います。

 「法定労働時間」を超えて、従業員に時間外労働(残業)をさせる場合には、

   ✧労働基準法第36条に基づく労使協定(通称:36サブロク協定)の締結

   ✧労働基準監督署への届出

 が必要です。

 

 ただし、36協定を届け出たからと言って、何時間でも残業させて良いわけではありません。

北川事務所では、36協定の届出率

100%を目標にしています!!

 ©2017 北川事務所 オフィシャルサイト