©2017 北川事務所 オフィシャルサイト 

セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制とは?

​ 2017年1月から新たに施行された医療費控除の特例です。

セルフメディケーション税制の対象となる人は?

 所得税や住民税を納めていて、自分と同一家計の家族分を合わせて、OTC医薬品の年間購入分が1万2,000円を超えた人で、健康診断など適用を受けるための一定の取組を受けている人が対象となります。

 

適用を受けるための一定の取組とは?

  • 保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査【人間ドック等】

  • 市区町村が健康増進事業として行う健康診査

  • 予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】

  • 勤務先で実施する定期健康診断

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導

  • 市町村が健康増進事業として実施するがん検診

OTC医薬品とは?

 セルフメディケーション税制の対象となる商品には、購入の際の領収書等にセルフメディケーション税制の対象商品である旨が表示されています。

 具体的な品目一覧については、厚生労働省ホームページに掲載の「対象品目一覧」をご覧ください。

 

セルフメディケーション税制に関する詳しい情報

・制度について知りたい

  厚生労働省 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例について)

  URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

・確定申告について知りたい

  最寄りの税務署

  国税庁 税についての相談窓口

​  URL:https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm